生活サプリメント
通販「福之介」

TOP
はじめての方へ
通販「福之介」虎の巻
福之介News
新商品ご案内
今月のおすすめ
人気TOP5
こだわりカテゴリー
全商品インデックス
買いものかごを見る
メール
ご利用案内
会社案内
カタログ請求
メールマガジン
www.fukunosuke.com
通勤ロードバイク 名作を開発してきたチームによる「通勤用」とは
● 本品の試乗サービスを始めます (2013年3月13日)

「<通勤ロードバイク>の試乗をしてみたい」

そんなご要望にお応えして、3月25日(月)より「試乗サービス」を開始します。
ご希望の方はメールでお問い合わせください。info@fukunosuke.com

通勤用自転車の決定版。「こんな相棒がほしかった」
自転車のカテゴリーとして「ロードバイク」に該当する本品ですが、
「本品はスピードを競い合う自転車ではありません」(本品メーカー談)
というメーカーの言葉どおり、本品の使用シーンはあくまでも「街中」です。
山道を走り抜けるマウンテンバイクや、自転車レースに登場するようなロードバイクをお探しの方にはおすすめできませんのでご了承ください。

本品をおすすめしたいのは、「健康のため」や「先の震災をきっかけに」といった理由で
自転車通勤をされている方や、これから(自転車通勤)しようとお考えの方です。

通勤用の自転車に求められることはなんでしょうか。
  • 長時間快適に乗れる自転車であること
  • シンプルで洗練されたデザインであること
  • 丈夫で長持ちする自転車であること
本品は、車体のフレーム・部品等全てのパーツがこれら3点を実現するために選択されました。

たとえばデザインを見てみましょう。

「無駄なスペックをすべて排除しました」(本品メーカー談) の言葉どおり、
極めてシンプルでスタイリッシュ。 英国風トラッドのテイストに仕上がっています。
本品は日本のみならず、イギリス・フランス・アメリカへの輸出を計画しているため、これらの市場を意識したデザインです。

サドルは本革でタイヤはホワイト。
本品の車体はモスグリーンとオフホワイトの2色がありますが、どちらのタイプも、サドルやタイヤとの色の調和が抜群です。

通勤ロードバイクタイプ

洒落たカフェやスーツ姿にもなんなくフィットする、英国風トラッドを意識した車体&色。

女性をイメージしたというオフホワイト。
白タイヤとのコーディネートが心憎いほどおしゃれです。



さて次は、各部位の紹介をとおして
「長時間の快適走行」や「丈夫で長持ち」の理由をご説明します。

 ペダル&フロントハブ

「市街地の舗装路面を長時間、快適に走行する」。 そのためには
  • 砂利道や土の上、歩道を乗り上げるときの段差や路面の凹み、舗装路上に転がる砂や小石etc.から受ける衝撃を吸収して緩和する
  • ペダルを漕いだ際に、その力がペダルに伝わりやすくする(=パワーロスをなくす)
ことが重要です。


ペダル

シンプルかつレトロな車体に調和するクラシックデザイン。ペダルのエッジにギザ加工を施したため、靴裏が滑りにくく、確実なペダリングが可能です。

「サスペンション機構を搭載すれば衝撃吸収力は確実にアップするのですが、
  • 車体の重量が増す
  • ペダルをこいだ時に力が十分に伝わらず、パワーロスが大きい
といった欠点があるので、本品には採用していません」(本品メーカー談)

かわりに本品メーカーが取り組んだのは、タイヤ幅の調節でした。

「舗装路上から伝わる細かな衝撃(振動)は身体へ影響し、疲労や不快感につながります。
タイヤ幅を広げれば衝撃吸収力はアップするのですが、広げすぎますと路面とタイヤの摩擦抵抗が大きくなるためスピードが出にくくなります。


フロントハブ

ハイフランジハブを使用。ハブのツバを大きくすることで幾分かスポークが短くなり、車輪の剛性を上げることに成功しました。

そこで本品は、タイヤ幅を『少し』広くしました。
そうすることで車体を重くすることなく衝撃も吸収して、身体への負担を緩和させられます」(本品メーカー談)


さらにペダルに漕いだ力を伝えやすくするため、ハブのツバを大きくしたといいます。

「ハブのツバを大きくしたことでスポーク(ハブから出ている数本の直線)が短くなり、強度が増します。
強度が増せばスポークがたわみにくくなり、
ペダリング時のパワーロスが軽減されて、より無駄のないスムーズな走行になるんです」(本品メーカー談)


これまで多くの自転車が二者択一してきた、衝撃吸収力とパワーロスの問題。
本品はこれを両立させて、長時間の快適走行を実現しました。


タイヤ

おしゃれなアイボリータイヤ。タイヤに色を付けることで、車体とのトータルデザインが実現しました。

 タイヤ

スポーツ車によく使われる、「仏式」バルブのタイヤチューブを採用しています。

高い空気圧を保持できることと、空気漏れがしにくいのが特長です」(本品メーカー談)

タイヤチューブに空気を入れる際は
「仏式空気入れ」を自転車屋さん等でご購入ください。


「ママチャリ用の空気入れなら既に家にあるんだけど」


仏式対応のアダプター
通常のママチャリ等に使用されるのは「英式」のバルブなので、「仏式」バルブの本品にはそのままでは使えません。
ママチャリ用の空気入れをお使いになる場合は、仏式対応のアダプター(別売/右の写真)を使用して「仏式」を「英式」の口に変換する必要があります。

空気を入れる場所
「ただこのケースは、空気を入れるたびにアダプターをつけるのを煩わしく感じる方が大半です。ほとんどの方は市販の仏式対応ポンプで空気を入れているようです」(本品メーカー談)

当サイトも、空気入れに別売アダプターを差し込む方法ではなく、本品対応の「仏式空気入れ」を自転車屋さん等で購入されることをおすすめします。

内装変速リアハブ

英国ブランドのキックバック2速ハブを使用。逆ペダリングによって変速操作を行います。ペダリングシフトを搭載したことで変速ワイヤーが不要となりました。

 内装変速リアパブ

本品は変速2速。
ペダルを逆方向に半回転させてギアをシフトします(=逆ペダリング)
そのためハンドル周りにシフトレバーはついていません。
これにより、デザインがシンプルに維持されるばかりでなく
「ギアを変える際のしぐさも格好良く見えます」(本品メーカー談)。

街中用の自転車とはいえ、軽度の坂道等によるペダリング運動への負荷はつきものですから、通常は2速目で走行することがおすすめ。
向かい風を受けながらの走行にペダリングを軽くできます。

サドル

使い込むほどに身体にフィットする本革サドルを採用。本革仕様により、車体全体に高級感が漂います。

■ サドル

英国風トラッドのテイストを意識した本品。
本革サドルはそのための欠かせないポイントです。
車体との色の相性も抜群ですね。
ビニル製のサドルと比較すると長寿命の本革サドルは、ツーリング(長距離自転車)やレトロ(古いクラシック車)によく使われるのだそうです。

「本革を長く使用することで出る『味』や『フィット感』も楽しみのひとつですが、水にぬらさないなど、手入れを心がけていただく必要はございます。
サドルカバー 雨天時にはかぶせて
本品にはサドルカバー(右の写真)を付属させておりますので
やむを得ず雨天時に乗車&停車させる時は
これをサドルにかぶせてご利用ください」(本品メーカー談)

 前後キャリパーブレーキ

前後ブレーキ
デュアルピボット構造のブレーキが搭載されています。
スポーツ用ロードバイク等にも使用される類で、ブレーキ本体のワイヤーを引っ張るアームがやや長め。

「優れた制動力とブレーキの効きはじめがなめらか・・という特長があります」(本品メーカー談)

シートクランプ

CNC加工(削り出し)によりデザインされたアルミシートクランプです。

■ シートクランプ

通常ママチャリ等に使用されるレバー式のクランプではありませんので、シート高さを変更する際は工具(4ミリの六角アーレンキー)が必要になります。

「本品には工具が付属されていますのでご安心ください。
工具による調節と聞くと面倒に感じられるかもしれませんが、言いかえれば、街中での駐輪中のシート盗難防止にもなるという考え方になると思います。
シート高さを調整するのは、基本的に購入後初めて乗るときぐらいだと思います」(本品メーカー談)


クロモリフレーム

軽くしなやかな乗り心地を実現するクロモリフレーム。一般的な鉄フレームよりもはるかに剛性があり、耐久性に優れ、長く愛用できます。

■ クロモリフレーム

クロモリフレームとは、クロームモリブデン鋼管で構成されるフレームのことを言うのだそうです。

強度と硬度が高く、また耐久性に優れているという特長があります。
衝撃による変形がしにくく、破損しにくいんですね。
細いパイプでも十分な剛性があるため、シンプルなデザインの本品には欠かせません。
また振動吸収性にも優れており、そのうえ長寿命。ほんとうにありがたい素材です」(本品メーカー談)


このような説明を聞きますと
「快適性/洗練性/丈夫で長持ち」の3点の実現にこだわった本品に
このフレームが採用された理由がよくわかります。

「実はこのフレームは、カーボンや軽合金製フレームより重量が重いのです。
しかしながら、クロムやモリブデンを添加した鋼管のため、ママチャリなどで採用される鉄管よりも肉厚を減らして細い鋼管で構成されており、ママチャリフレームより軽くなっています」(本品メーカー談)


なお、本来は錆が発生しやすい鋼管らしいのですが、
「そこはきちっと下地処理を施し、ペイントすることで防錆加工をしていますからご安心ください。
とはいえ、本品も他の自転車同様、雨ざらしの駐輪は避け、雨天走行をした後は水気をとるなどの手入れは必要です」(本品メーカー談)


ハンドル&ブレーキ

オリジナルデザインのマスタッシュハンドルバーと、新しく斬新なデザインのオポジットブレーキレバーを採用しました。

 ハンドル&ブレーキ

「一般的にロードバイクは、ペダルを踏込み安くするために前傾姿勢を作り、空気抵抗を減らすために『ドロップバー』のハンドルを採用します。
それでスピードが出るのですが、『ドロップバー』はあくまでも競技タイプ用。 本品のような街中用には向きません。

一方、マウンテンバイク用等で使用される『フラットバー』のハンドルは、中長距離の走行には適しません。
腕や背中に負担がかかるのです」(本品メーカー談)


そこで本品が採用したのは
「ドロップバー」と「フラットバー」のちょうど中間に位置する「マスタッシュハンドル」。
いわゆるママチャリ用ハンドルに近い形状で、街乗りに一番適したハンドルバーと言えます。

「グリップ位置を幾らか低くすることで、走行中の姿勢が『やや』前傾になり、ペダルを踏込みやすくなります。
また、このハンドルバー形状は握り部が多いため、握り方を変えながら走行が可能。
手のひらに伝わる疲労を和らげてくれます」(本品メーカー談)


極端な前傾姿勢を避ける構造
メーカーの説明の通り、本品は極端な前傾姿勢を避ける構造(右の写真)です。
これなら長時間の走行も快適ですね。

さらにブレーキは、通常のブレーキレバーではなく
オポジットレバーを選択。
「ケーブルをバーテープで隠すことで、ハンドル周りの配線をよりコンパクト化しました」(本品メーカー談)

このことが、ハンドルの握り箇所が狭くなることを見事に防いでいます。
「マスタッシュハンドル」のせっかくの利点(握り箇所が多い)が制限されないよう、配慮されているんですね。

このように本品のハンドル(&ブレーキ)構造は、体力に与える影響を極力少なくするようデザインされているため、街中で小回りを利かせながらも安定感のある走行が可能です。

安心してお買いものしていただくために
これだけしっかりしたパーツで作られている本品は、決して安価なお買いものではありません。 (通常84,572円/前金払82,762円・ともに税抜)
それだけにやはり 「どんな人たちが作っているのか」 はおさえておきたいところです。

本品メーカーは、<クークル(旧モデル)>の誕生に関わり、<新・50歳からの三輪自転車>を開発した方たち。
その中には昭和27年から変速器の開発に携わってこられた方がいらっしゃいます。

自転車業界の重鎮・河合さん
90歳を超えてなお現役。自転車業界の重鎮・河合さん。
<新・50歳からの三輪自転車>ページでもご紹介した河合さんがその人で、90歳(!)を超えられた現在も河合さんは、国内のみならず海外からも「自転車の開発」に関する知恵を求められるほどの存在です。
「日本の自転車業界の歴史」そのもの、といっても過言ではありません。

河合さんが昭和20年代後半から「変速器」の開発を始めた目的・・・。
それは自転車レースで利用される自転車のためではなく、健康増進につながる自転車開発のためでした。

当時はまだ日本国内の経済が強くない頃で、
「汽車賃はなくとも自転車なら遠いところへ行ける。そしてそれが健康増進にもなる」との思いから、
「自転車で旅をする、ツーリング文化を日本に根づかせたい」とお考えになったそうです。

そうした考えに共鳴される方々が徐々に河合さんのまわりに集まるようになり、
やがてそれがJASCAグループという自転車パーツメーカーの協力組織作りにまで発展。
国内の自転車業界の発展の礎が構築されました。

60年ほど前に河合さんが志向された「ツーリング」は、今やある種のライフスタイルになりました。
若き日の河合さんの先見性には目を見張るものがあります。
そして今また、「自転車通勤」という新たなライフスタイルの醸成に一役買うであろう本品が誕生。開発の先頭に立ったのは、「ツーリング」文化の礎を作った河合さんから薫陶を受けた「チーム河合」の若頭です。

本品開発の背景から、自転車業界の歴史と変遷が垣間見えて、ちょっとドラマチックですね。
既に述べましたが、本品は日本国内だけでなく、イギリス・フランス・アメリカへの輸出が計画されています。
「快適性/洗練性/丈夫で長持ち」という特長に、メーカーさんの歴史をプラスして訴求できる本品は、世界に受け入れられる「本物」だと当サイトは感じています。

ご購入前に知っていただきたいこと
 本品の生産とお届けについて

本品は、企画・デザイン・部品の選定を日本のメーカーが行い、組み立てのみ台湾企業が手がけています。その後再び、検品と商品の発送を日本のメーカーが行います。
商品は、写真のように「完全組み立て」でお届けいたします。


通勤ロードバイクタイプ

「完全組み立て」でお届け。

箱の寸法。



■ 色の種類は2色。それぞれSサイズとMサイズがあります


通勤ロードバイクタイプ

モスグリーン/サイズ:SとM

オフホワイト/サイズ:SとM


色は、モスグリーンとオフホワイトの2色。
それぞれ「S」と「M」の2サイズがありますので、ご使用者の背の高さ・股下の長さに応じてお選びください。なお、
「自転車のサイズを決めるときは、身長よりも股下のサイズを基準にした方が間違いが少ない」(本品メーカー談)とのことです。


各サイズの目安
  • Sサイズ: 股下85cm〜98cm (身長165cm前後の方)
  • Mサイズ: 股下90cm〜103cm (身長170cm以上の方)


本品の寸法は、こちらのサイズ表でご確認いただけます。

本品の重量は、Sサイズ:11,3kg /Mサイズ:11,5 kg です。
本品を車に積むなどの理由で持ち上げる際は、男性の方ならば左下写真のような持ち方で特に問題ないと思いますが、女性の方は無理をなさらず、右下写真のような持ち運びをお勧めします。


通勤ロードバイクタイプ


 プレゼントとして本品を検討されている方へ

必ずご利用者の身長や股下サイズを把握された上で、ご注文をお願いいたします。
本品はお客様都合の返品はお受けできません。
また、サイズの変更で発生する送料代金は往復ともお客様負担となりますので、ご注意ください。
 仕様

本品の仕様は、こちらでご確認ください。

ご注文前に必ずご確認ください
  • 本品の使用シーンはあくまでも「街中」です。ロードレースやマウンテンバイクの用途とは異なります。
  • 本品の変速ギアはキックバック方式である点をご確認ください。
  • 市販の「仏式空気入れ」をご用意ください。
  • 本品は、商品の不具合以外では返品はお受けできません。「プレゼントしたのだけれど、不要と言われた」ということ等ないようお願いいたします。
  • サイズ変更の際は、往復送料代金をお客様にご負担いただきますことご了承ください。



● 「前金払」がお得です

「前金払(=銀行振込)」でお支払されますと、本品をお得にご購入いただけます。

※お支払方法によって「買い物かご」が異なりますのでご注意ください。

● 本品の試乗サービスを始めます (2013年3月13日)

「<通勤ロードバイク>の試乗をしてみたい」

そんなご要望にお応えして、3月25日(月)より「試乗サービス」を開始します。
ご希望の方はメールでお問い合わせください。info@fukunosuke.com

▼ 「代引」または「クレジットカード」でのご注文はこちらから ↓

商品価格:84,572円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/モスグリーンS
 (注文番号:802-0763)

商品価格:84,572円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/モスグリーンM
 (注文番号:802-0764)

商品価格:84,572円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/オフホワイトS
 (注文番号:802-0765)

商品価格:84,572円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/オフホワイトM
 (注文番号:802-0766)

FAX注文票

このページに掲載されている商品は※送料無料です。 離島(沖縄を含む)への配送は、別途送料をいただきます 北海道は商品により送料をご負担いただく場合がございます。
(色調が現物と若干異なる場合がありますことをご了承下さい)

別送品 納期7日 完成品お届け

▼ 「前金払(=銀行振込)」でのご注文はこちらから ↓

商品価格:82,762円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/モスグリーンS
 (前金/注文番号:802-0767)

商品価格:82,762円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/モスグリーンM
 (前金/注文番号:802-0768)

商品価格:82,762円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/オフホワイトS
 (前金/注文番号:802-0769)

商品価格:82,762円(+消費税)

買いものかごに入れる

通勤ロードバイク/オフホワイトM
 (前金/注文番号:802-0770)

FAX注文票

このページに掲載されている商品は※送料無料です。 離島(沖縄を含む)への配送は、別途送料をいただきます 北海道は商品により送料をご負担いただく場合がございます。
(色調が現物と若干異なる場合がありますことをご了承下さい)

別送品 納期7日 完成品お届け

お問い合せ

|

ギフト券請求

|

メーカーの皆様へ

|

メールマガジン

ご注文方法

|

送 料

|

配 送

|

お支払い方法

|

返品と交換

|

セキュリティ

|

プライバシー保護


旭産業株式会社 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-28-6 TEL:03-3732-7871(代)