生活サプリメント
通販「福之介」

TOP
はじめての方へ
通販「福之介」虎の巻
福之介News
新商品ご案内
今月のおすすめ
人気TOP5
こだわりカテゴリー
全商品インデックス
買いものかごを見る
メール
ご利用案内
会社案内
J@mble
VeriSign
www.fukunosuke.com
癒しのマッサージチェア
<癒しのマッサージチェア>は販売を終了しました。(2010年1月)

<お洒落なマッサージチェア>の≪ローラーリラックスタイプ≫なら、本品同様の「ローリングによるリラクゼーション」が体験できますので、ぜひこちらをご覧ください。

緊張の強い「場所」や「人」が採用するマッサージチェア
ストレス発散の方法は、人それぞれいろいろあります。
例えばカラオケやお酒、ドライブや音楽、ゴルフ…etc.
しかし、これらはあくまで気分的な問題で、本当の意味でリラックスしているかはわかりません。

本当の意味でリラックスすると、人の体はどうなるでしょう?
筋肉の緊張がとれて、全身の力が良い感じで抜けていきます。

本品はそんな感覚を味わえるマッサージチェア。
岡山大学の三谷惠一教授のもと、「本格的なリラクゼーションチェアを造る」という目的で開発されました。
癒しのマッサージチェアでリラクゼーション

科学的に証明されている
リラクゼーション効果。

本品のローリング(背骨に沿ったマッサージ)には
筋肉からストレスを解放する「技術」が搭載されており、
筋肉の緊張度合をみるみる下げてリラックスに導きます。

本品がカラオケ等のストレス発散と異なるのは
リラクゼーション効果に「科学的な裏付け」があること。

脳や心臓の動きを「脳波」や「心電図」で測りますよね。
それと同じように、筋肉群の状態(緊張や弛緩)をとらえるものを「筋電図」というのですが、本品の使用で筋肉の緊張度合が著しく下がることは、三谷教授が「筋電図」を用いて計測済みなのです。


病院、自衛隊、企業のトップ、そしてあの俳優も…

それほどのチェアですから、本品は長年にわたって(発売は1992年のロングセラー)、
様々な方面で支持されてきました。

「発売当初、高級感のある本品は、エクゼクティブクラスの男性向けチェアでした。
中でも某通販では記録的な売上で、
今でもその記録は破られていないとのことです」(メーカー談)

施設での設置風景

内視鏡検査後のリカバリーチェアとして使用される本品。(海外勤務健康管理センターにて)

しかし、そんなブームが去ってからが、むしろ本品の面目躍如。
昭和大学病院をはじめ、各病院の透析用チェアとして採用されたのです。
また内視鏡を手掛けるオリンパス社が、内視鏡検査の後の患者さんのケアに「本品が最適」と判断。
オリンパス経由で全国の病院の、内視鏡後のリカバリーチェアとして・脳波計測時のチェアとして・点滴時のチェアとして、使われるようになりました。

「検査や治療のストレスで緊張した筋肉をほぐし、リラックスしてほしい」
そのための道具として選ばれたのですから、本品の評価の高さがうかがえます。

本品の「リラクゼーション効果」をお求めになるのは、病院だけではありません。

フィットネスクラブや美容サロンに普及しているのはもちろん、
少し前は自衛隊がイラクに駐屯していたサマワに備品として納入しました。
これは、昨今言われている「税金の無駄遣い」とは異なるようです。

「あの任務は、人(や自分)の生命にかかわる緊張の連続だったはず。
緊張を緩和してリラックスすることは、本当に大切なことだったと思うんですね」(メーカー談)

また変わったところでは、人気ドラマ「踊る大捜査線」で、
爆弾が仕掛けられたマッサージチェアの設定で本品が使用され、いかりや長介さんが長時間座った・・・なんて話も。

「本品は、業務用として『知る人ぞ知る存在』といっても言い過ぎでないと思います」(メーカー談)


緊張と弛緩を効果的に繰り返す「リラクゼーション技術」を搭載

では具体的に、筋肉からストレスを開放する「技術」とは、どういうものなのでしょうか。

たとえば1〜2分、まぶたを100%の力できつく閉じてみてください。(⇒ 筋肉の緊張・収縮)
その後一気にまぶたの力を抜くと、解放感が目の周りに広がりますね。(⇒ 筋肉の解放・弛緩)
これが、ストレスが筋肉から開放される感覚。

こんなふうに、「緊張」と「弛緩」をある部位に意図的に繰り返すと、次第に全身の筋肉をゆるめることができるようになります。
これはアメリカで発展した「リラクゼーション技術」で、<漸進的弛緩法>といいます。
そして本品は、この<漸進的弛緩法>をローリング(背骨に沿ったマッサージ)に応用したチェア

そのため本品のローラーは、背中の形状にぴったり沿って動くように設計されています。
背骨のズレやヒズミを調整したり、背骨に沿って走っている自律神経(呼吸・消化・吸収・循環・排泄などを調節する神経)を効果的に刺激して、血行が良くなるなど体調が整う仕組みです。

またこのローラーのマッサージは、脊椎起立筋や広背筋等、通常の体操ではコントロールが困難な深い部分の筋肉や腱のコリを解きほぐし、緊張を和らげます。

更にこの部位は、東洋医学においても経絡が走る大切な場所。
本品のローラーは、経絡の幅に合致しており(不思議にも、どのような体型の人でもこの幅は変わらないといいます)、ツボに刺激を与えます。

本品のローリングは、決してワンパターンの上下反復運動ではありません。
時に短く・時に長い距離で・・といった機転を効かせつつ、「波のうねり状態」で反復移動します。
この「波のうねり」こそが、まさに<漸進的弛緩法>の技術。
  • ローラーが波の高い位置に来る時 ⇒ 緊張・収縮
  • ローラーが波の低い位置に来る時 ⇒ 解放・弛緩
このリズミカルな「緊張と弛緩の繰返し」は、筋肉の緊張度合をぐんと下げます。
冊子写真

岡山大学・三谷惠一教授監修「リラクゼーション…ストレスから『真実の解放』を」

そしてこのことが、「筋電図」を用いた実験により
科学的数値で確認済みなのは既述のとおり。

その臨床実験の様子と<漸進的弛緩法>について述べられているのが、右の小冊子「リラクゼーション・・・ストレスから『真実の解放』を」(三谷教授監修/非売品)。

自律神経が走り、ツボが密集する部位に<漸進的弛緩法>が行われるのですから、心身が深くリラックスするのも当然と言えば当然、かもしれません。
最高のパフォーマンス(成果)を期待される場所や職業の人たちに、本品が選ばれる理由がわかりますね。

本品の使い方ガイド
カバーをめくった座面写真

沈み込まない座面。


側面レバーの写真

側面のレバーで角度設定。


最大リクライニング状態の写真

最大リクライニング状態。

(1)準備をしよう。

三谷教授には、
「“座るだけ”でリラックスさせることも可能ではないか?」
という問題意識がありました。
そのため本品の造形は、座ったときの体圧分散・背もたれの角度・硬さ・手の置き具合など、一番リラックスできるポジション・デザイン・座り心地を「筋電図」で計測して、科学的に追い求めたものになっています。

例えば、座面のカバーをめくると写真の様な布バネになっていて、長時間座っていても疲れにくい体圧分散構造です。
もちろん、「座ると沈みこむ」ものではありませんから、腰痛や膝痛の皆さんもご安心下さい。

本品使用の際はまず座面に座り、次にレバーを引き上げてお好みの「リクライニング」角度に設定し、脚部位を伸ばします。

本品の「リクライニング」は、120°から160°までなら無段階で調節可能です。

(2)「自動コース」を作動してみよう。

コントローラ写真

コントローラで座ったまま操作OK。

本品には「自動コース」と「手動コース」がありますが、ここでは「自動コース」についてご説明します。

「自動コース」を選択し、更に「首・肩」「背・腰」のいずれかを選択すると「ローラー」が作動します。(すべての操作は、コントローラーで座ったままの姿勢でできます)

マッサージの手法として本品が採用しているのは、「ローリング(=主役)」と「バイブレーション(=わき役)」。
背中の形状にピッタリ沿って動くよう設計されたローラーが、「波のうねり状態」で上下に反復移動します。
そしてバイブレーション機能も、常時ではなく「ところどころ(背中と脚部位)」に作動。
これはローリングをアシストする役割を果たし、体の芯までマッサージ感を浸透させることに貢献してくれますが、「バイブレーションが苦手」という方は、「弱」「停止」も選択できますから、お好みのモードに調節されればよいでしょう。

癒しのマッサージチェアでマッサージ中

全身の力がぬけていくような
心地よさ。

約15分のローリングは、時に短く・時に長い距離で、といった絶妙の間合いで極めて滑らかに作動します。
この「緊張と弛緩の繰返し」は、決して「グリグリえぐる」ものではありませんから、「痛いけど気持ちが良い」という表現は本品にはあてはまりません。

本品はまさに「全身の力が抜けていく」よう。
筋肉のリラックス状態が自律神経や中枢神経にも及んで、穏やかで良好な心身の状態を生み出すことが期待できます。

(3)「ステレオサウンドシステム」で音楽を聴いて、うっとりしよう。

アーム部分のステレオサウンドシステムコントローラ写真

ステレオサウンドシステム。


ヘッドホンでうっとり

バッハ、モーツァルト、エンヤ…
心地よい音楽で夢見心地。

本品の高いリラクゼーション効果は、「ローリング」だけが要因ではありません。
実は本品は、「音楽の力」を借りることができるのです。

本品のアーム部分には、特別仕様のスピーカー(ステレオサウンドシステム)が組み込まれています。
これにより各種AV機器との接続が可能。
また、首・背の中間部分にスピーカーを内蔵しています。

本品にゆったりともたれ、心地よい音楽に包まれてください。
その間、ローラーの反復運動が「緊張と弛緩」を繰り返し、徐々に背中の筋肉から背骨(脊椎)までを伸ばし、ツボを刺激します。
ツボに刺激が加わると、体内でエンドルフィンが分泌されることが分かっています。
エンドルフィンは別名「幸福ホルモン」。そこに「音楽の力」が加わりますから、極上のリラックス感を味わえます。

三谷教授が伝授! <癒しのマッサージチェア>の上手な掛り方

一度運転中止をするのがコツです
ご自宅でのくつろぎに、あるいはオフィスの自室で、一時のリラクセーションタイムをお取りになるとき、<癒しのマッサージチェア>を十分にご活用下さい。
その折りは、次のようにお使いいただくと、リラクセーション効果がより高まります。
  1. <癒しのマッサージチェア>に掛かる前に、体全体で大きく伸びをするなどして、仕事の姿勢のままで凝り固まった筋肉をほぐすと同時に、筋肉に筋緊張を与えます。
  2. 第1回ローリング・・・<癒しのマッサージチェア>を、はじめに9分間作動させます。
  3. 第1回休止・・・・・・9分間作動のあと、7分間運転を停止し、そのまま休息します。
  4. 第2回ローリング・・・再び<癒しのマッサージチェア>を8分間作動させます。
  5. 第2回休止・・・・・・8分間作動のあと、再び3分間、運転を停止します。
  6. この、2.から5.までで27分間です。実質の運転は人に最適な17分間。 この後はしばらく、<癒しのマッサージチェア>に掛けたままおくつろぎください。 じっくりと、体全体にリラクセーション効果が広がります。

岡山大学・三谷惠一教授監修 「リラクゼーション…ストレスから『真実の解放』を」 より



重量について

移動する時の

後脚にキャスターがついています。

本品には後脚にキャスターが付いており、写真のようにして室内を移動させることができます。(折りたたむことはできません)

しかし「スリム」にみえても、本品の重量は約45kg。
本品にはご指定のお部屋までお運びするサービスがございますが、その後、女性・ご高齢の方がおひとりで右のような移動作業をなさるのは「出来ない事は無い」ですが、難しいかもしれません。(実際、「福之介」の女性スタッフは「持ち上げるだけで精一杯」でした)

特にプレゼントとして本品をご検討される方は、このような事情もご考慮ください。

なお、本品同様「ローリングによるリラクゼーション」が目的の<お洒落なマッサージチェア>の≪ローラーリラックスタイプ≫なら、折りたたみができて室内の移動が楽です(約29kg)。


メンテナンスについて

本品の保証期間は1年です。
保証期間内に商品に不具合が生じた場合は、メーカーが納品先に出向き、無料で修理を致します。ご購入後に「不具合」が生じましたら当サイトにお申し出ください。
この「不具合」というのは、部品の不具合のみではなく、生地の消耗をも含む細部に及びます。

シート部分の拡大写真

しっかりした素材。

ちなみに本品は、1992年に販売開始以来、機械故障の「メンテナンス」事例はありません。
主に「病院」や「サロン」といった不特定多数の方が使用されてきたにも関わらず、です。
しかし生地の補修は「まれ」にあるのだとか。
本品の素材は合成皮革(ポリエチレン)で、とてもしっかりした素材ですが、使用頻度によっては、補修の必要性がでてくるのかもしれません。もちろんこの場合も保証の対象となります。

※保証期間を過ぎますと一連の修理は有料になります。ご了承ください。
明日の英気を養う、「戦略的」リラクゼーション
「心と体はつながっている」
という言葉のとおり、心の状態は神経を伝わって筋肉に反映されます。
下の図は、緊張しやすい神経質な人と正常な人の、筋肉の緊張度合を「筋電図」で測定・比較したもの。(数値が高いほど筋肉は緊張している)

 

正常な人

神経質な人

 

眉の筋電図
左腕の筋電図
下の筋電図
右腕の筋電図
左腕の筋電図

(μV)

2.95
0.58
2.75
0.59
0.53

(μV)

 8.68
 2.10
 5.57
 3.10
 1.36

総エネルギー量

7.40

20.81


神経質な人は、どの部位も数値が高く、筋肉が緊張しているのがわかります。
その結果中枢神経が過剰に興奮して、肩が強張る・心臓が高鳴る・疲れやすい・顔が引きつる・胃がキリキリ痛む・不安や葛藤等、心身にストレス反応が及ぶんですね。
総エネルギー量をみますと、神経質な人は正常な人の3倍(!)ものエネルギーを放出しています。
これでは心身が疲れて、仕事(学業)や人間関係で伸び伸びと力を発揮するなんて夢のまた夢。

本品の開発を指導された岡山大学の三谷惠一教授も、その点を危惧するおひとりです。
教授は「慢性的な緊張と雑念」がスポーツや学習(仕事)を不振に導くとし、能力を発揮して心身共に充実した人生を送るには、ただ無作為に睡眠をとったり休息するのではなく、「戦略的リラクゼーションが不可欠」と説きます。

「緊張しないように」と、心をコントロールすることは至難の業ですが、<漸進的弛緩法>で意図的に筋肉をリラックスさせれば、心も自然とよい状態になり、力を発揮できるからです。

そういえば本品の主なご利用者は、病院や企業のトップたちetc.
「真のリラクゼーションの重要性」をよく理解している人たち…といえるかもしれません。

本品は「ただひたすら体をやすめたい」方にも良いと思いますが、もう一歩進んで
「能力(治癒力)を発揮するための、積極的&戦略的なリラクゼーションを求める」
方に、よりいっそう向いているチェア
といえます。

たとえば、練習では天才肌なのに、本番では並みのプレーヤーになってしまうアスリートや演奏家。塾のテストではトップクラスなのに本試験では力を発揮できない受験生などなど。
本品は、「緊張」が原因でパフォーマンスが下がりがちの方に、ぜひおすすめしたい逸品です。

なお、「本品ほど本格的でなくて良い」「予算が合わない」という方は、
<お洒落なマッサージチェア>の≪ローラーリラックスタイプ≫をご検討ください。
本品同様、「ローリング」による「リラクゼーションの獲得」を目的としていて、エステ・ネイルサロンで使用されている人気品です。折りたたむことができますし、生地の着せ替えも楽しめます。

癒しのマッサージチェアの写真

スマートな外観。

真正面から見た本品。

最大リクライニング状態。



デモ機貸し出しサービスのご案内 / 法人ユーザーのみ
病院やホテル、フィットネスクラブ等「複数代の購入を検討したいので一度試したい」。
そんな法人ユーザーの皆さまに<癒しのマッサージチェア>のデモ機をお貸しいたします。(有料)
ぜひ本サービスをご利用になり、<癒しのマッサージチェア>の使い心地をご確認ください。

※本サービスご利用後に当サイトで<癒しのマッサージチェア>を注文された場合は、「デモ機使用後価格」として割引価格を適用させていただきます。

>> 詳細・お申し込みはこちらでご確認ください。

仕様
>> <癒しのマッサージチェア>の商品情報はこちらをご覧ください。

なお、薬事法上の効果&効能は次のとおりです。

あんま、マッサージの代用 (疲労回復・血行促進・筋肉の疲れをとる、筋肉のコリをほぐす、神経痛・筋肉痛の痛みの緩解)

指定場所お届けサービス(全国無料)
指定場所に本タイプを設置するサービスがありますので、ご購入の際は、あらかじめ置き場所を決めておかれることをおすすめします。
>> 詳細はこちらでご確認ください。

ご購入の前に
>> ご購入の前に必ずお読み下さい。

<癒しのマッサージチェア>は販売を終了しました。(2010年1月)

<お洒落なマッサージチェア>の≪ローラーリラックスタイプ≫なら、本品同様の「ローリングによるリラクゼーション」が体験できますので、ぜひこちらをご覧ください。
本品は、税込みで30万円を超える価格のため「代引き」ができません。ご了承ください。

税込:312,900円(税抜298,000円)

買いものかごに入れる

癒しのマッサージチェア
 (注文番号:802-0495)

税込:271,950円(税抜259,000円)

買いものかごに入れる

癒しのマッサージチェア/デモ後価格
 (注文番号:802-0501)

FAX注文票

このページに掲載されている商品は※送料無料です。 離島(沖縄を含む)への配送は、別途送料をいただきます 北海道は商品により送料をご負担いただく場合がございます。
(色調が現物と若干異なる場合がありますことをご了承下さい)

保証期間1年 完成品お届け 別送品 納期5日


お問い合せ | メーカーの皆様へ
ご注文方法 | 送 料 | 配 送 | お支払い方法 | 返品と交換 | セキュリティ | プライバシー保護

株式会社 福之介 〒144-0035 東京都大田区南蒲田2-28-6 TEL:03-3732-7871(代)