www.fukunosuke.com

■ 「進む方向と『ハンドル矢印』は同一か?」 常に確認してからペダルをこごう。

大切な点なので、再度ご説明します。

本品は、ハンドル上の『赤い矢印』の方向に進みます。

ですから、「バック発進」の場合は、『赤い矢印』が後輪側を指すように合わせる必要があります。
しかし、うっかりして『矢印』の向きを合わせ忘れますと…
さあ、たいへん。運転者の予定に反して、本品はあらぬ方向にすすんでしまいます。
これが危ない。

こうした危険を防ぐには、「体の慣れ」と共に「意識の慣れ」がどうしても必要です。
ちょうど、自動車の運転の際に「アクセル」と「ブレーキ」の位置が、自然と「意識の中に」入っているように。

本品の場合、ペダルをこぐ前は常に、ハンドル上の『赤い矢印』の方向を意識(確認)してください。
もともと操作自体はとても簡単ですので
(なにしろ行きたい方向に矢印を合わせれば良いのですから)、あとは「慣れる」だけ。

これに慣れて、「バック発進」や「方向転換」が安全にできるようになりますと、本品の運転が本当に楽しくなりますよ。
行動範囲が広がって、お天気の良い日は、本品と共に外に出たくなるはずです。


[ウィンドウを閉じる]