www.fukunosuke.com

■ 心拍数とは?

1分間に心臓が血液を送るために何回動いたかということを表しています。

身体活動には、多くのエネルギーを必要とします。
エネルギーは体内の糖分や脂肪などを分解して得るわけですが、その際に酸素が必要となります。肺で取り入れた酸素を、エネルギーを使う筋肉まで運搬するのは血液です。

高い負荷の運動では多くのエネルギーを必要とします。
そのため酸素の多い血液を全身に行き渡らせるために心臓をより多く動かさなければならなくなり、心拍数が上がります。
これらのことから、心拍数は運動する時の強度の目安として考えられてます。

運動を続けて行くと酸素を取り込む能力や、エネルギーを効率よく使う能力が向上するため、同じ負荷の運動でも、心拍数が上がりにくくなり、より大きなエネルギーを必要とする運動が出来るようになります。
心拍数は、運動の強度の目安としたり、体調のバロメーターにしたり、人間にとって、最も身近で最も具体的な指標なのです。


[ウィンドウを閉じる]